Safety-2の実践 - エリック・ホルナゲル

ホルナゲル エリック Safety

Add: atoqyn87 - Date: 2020-12-18 15:00:19 - Views: 6282 - Clicks: 6373

Nemeth, Erik Hollnagel 編 ; 北村正晴 監訳: 日科技連出版社:. 4 レジリエンスのポテンシャル 3. 「Safety-IIの実践 レジリエンスポテンシャルを強化する」 エリック・ホルナゲル著 「現場の実践知を生かすレジリエンスのデザイン」(計測と制御 第54巻 第7号 年7月号、北村正晴著) 「Safety-IからSafety-IIへ―レジリエンス工学入門. 【TSUTAYA オンラインショッピング】Safety-2の実践/エリック・ホルナゲル Tポイントが使える・貯まるTSUTAYA/ツタヤの通販. 3 扱いやすいシステムと扱いにくいシステム 《第6章についてのコメント》 第7章 Safety-IIを構築する 7. エリック・ホルナゲル のおすすめ作品.

, Ltd คือ เครื่องแต่งหน้าถาวร โรงงาน. Safety-1 and safety-2. 1 Safety-IIの観点の影響 8. 10 診断的かつ形成的質問群 5. 8 間接的な評価尺度 5. 1 そこにないもののマネジメント 1. 3 4つのポテンシャルの評価 5.

第1章 年からの安全マネジメント 1. 1 分子と分母 9. Safety: Safety-2の実践 -レジリエンスポテンシャルを強化する. 5 中休みとして:モノリシックな説明 第4章 レジリエンスポテンシャル 4. 1 対処するポテンシャル 4. 1 安全の考え方 3. 海文堂出版,.

2 安全の考え方の3つの時代 2. 3 詳細モデル 6. 5 Safety-IとSafety-II 1. 9 評価結果をどのように提示するか 5. Safety-IIの実践 : レジリエンスポテンシャルを強化する: エリック・ホルナゲル著 ; 狩川大輔 ほか 訳: 海文堂:.

6 学習するポテンシャルの特徴 4. 4 「機能不全」組織と「レジリエント」な組織 7. 1 安全の現象論,原因論,存在論 5. 狩川大輔(国立研究開発法人電子航法研究所航空交通管理領域) 菅野太郎(東京大学大学院工学系研究科) 高橋 信(東北大学大学院工学研究科) 鳥居塚崇(日本大学生産工学部) 中西美和(慶應義塾大学理工学部) 松井裕子((株)原子力安全システム研究所社会システム研究所). 5 監視するポテンシャル 5.

Workshop 2: Resilience Engineering ‐New Approaches to Patient Safety レジリエンス・エンジアリング-医療安全への新しいアプローチ- 中島和江上間あおい 弾 エリック・ホルナゲル先生(心理学博士) • 南デンマーク大学主任教授 • 産業安全の世界的な大家. 8 予見するポテンシャルの特徴 4. 著者 エリック・ホルナゲル (著),北村 正晴 (監訳),小松原 明哲 (監訳),狩川 大輔 (ほか訳). 5 その他の神話 《第4章についてのコメント》 第5章 Safety-Iの脱構築 5.

10 他のポテンシャルはあるのか? 第5章 RAG―レジリエンス評価グリッド 5. Erik Hollnagel(エリック・ホルナゲル) Professor, University of Southern Denmark Chief Consultant, Centre for Quality Improvement, Re-gion of Southern Denmark E-mail: hollnagel. Safety‐2の実践―レジリエンス. 2 うまくいっていることを探す 8.

Safety‐1 & Safety‐2 安全マネジメントの過去と未来/エリック・ホルナゲル/北村正晴/小松原明哲,情報. ホルナゲル,エリック:. 3 私の組織はどれぐらいレジリエントなのか? 第3章 レジリエントなパフォーマンスの基礎 3. 3 Safety-Iの原因論 5. Safety-II in practice. 『Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来』(エリック・ホルナゲル) のみんなのレビュー・感想ページです(1レビュー)。. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 本書は安全の専門家と研究者に向けたものである。専門家に対しては、Safety‐2をマネジメントする有用な方法(RAG)を、検証された実績とともに提供する。. 4 監視するポテンシャルの特徴 4.

3 測定問題 《第1章についてのコメント》 第2章 起源 2. Safety-II ノ ジッセン : レジリエンス ポテンシャル オ キョウカ スル. 6 安全解析から安全合成へ 用語集 索引.

Safety‐2の実践―レジリエンスポテンシャルを強化する 単行本 – /3/1 Erik Hollnagel (原著), エリック ホルナゲル (著), 北村 正晴 (翻訳), 小松原 明哲 (翻訳), 狩川 大輔 (翻訳), 菅野 太郎 (翻訳), 高橋 信 (翻訳), 中西 美和 (翻訳), 松井 裕子 (翻訳) & 6 その他. 4 Safety-II: 物事がうまくいくことを保証する 《第7章についてのコメント》 第8章 進むべき道 8. 著者 エリック・ホルナゲル. 3 Safety-I: うまくいかないことを防ぐ 3. Safety-I & safety-II : アンゼン マネジメント ノ カコ ト ミライ. 3 第3の方法 7.

1 プロセスマネジメントの基本要件 5. 2 うまくいく理由 3. 6 学習するポテンシャル 5.

Safety‐2の実践 Safety-2の実践 - エリック・ホルナゲル レジリエンスポテンシャルを強化する - エリック・ホルナゲル/著 北村正晴/監訳 小松原明哲/監訳 狩川大輔/〔ほか〕訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来. 3 スナップショットに目を向けた安全マネジメント 1. 5 レジリエンスポテンシャルの汎用モデル 第7章 レジリエンスポテンシャルの発展 7. 1 概念としてのレジリエンスの起源 2. 5 学習するポテンシャル 4.

4 根本原因―最終的な答え 4. Safety-I & safety-II : 安全マネジメントの過去と未来. Safety-IIの実践 : Safety-2の実践 - エリック・ホルナゲル レジリエンスポテンシャルを強化する.

Safety‐1 & Safety‐2 安全マネジメントの過去と未来 - エリック・ホルナゲルのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 9 予見するポテンシャルの関連事項 4. 2 安全マネジメント:細部へのこだわり 1.

3: レジリエンスエンジニアリング応用への指針: Christopher P. 1 想定される仕事と実際の仕事 3. 4 日常の業務に基づく安全マネジメント 1. Safety-2の実践-レジリエンスポテンシャルを強化する: エリック・ホルナゲル 北村正晴 小松原明哲: 海文堂出版: /03 発売 ( A5・204ページ ) isbn:: 価格: 2,970円 ( 本体: 2,700円 ). Safety‐2の実践―レジリエンスポテンシャルを強化する ホルナゲル,エリック【著】〈Hollnagel,Erik〉 / 北村 正晴 / 小松原 明哲【監訳】 / 狩川 大輔 / 菅野 太郎 / 高橋 信 / 中西 美和 / 松井 裕子【訳】.

北村正晴 1942年生まれ。東北大学大学院工学研究科原子核工学専攻博士後期課程修了。工学博士。同大学助手,助教授を経て1992年東北大学工学部原子核工学科教授,年同研究科技術社会システム専攻リスク評価・管理学分野を担当。年定年退職,東北大学名誉教授。現在(株)テムス研究所代表取締役所長。専門は,技術システムの安全性向上,大規模システムにおける人間・機械の協調,原子力技術に対する社会の受容性等。 小松原明哲 1957年生まれ。早稲田大学理工学部工業経営学科,同大学院博士後期課程修了。博士(工学)。金沢工業大学講師,助教授,教授を経て,年4月から早稲田大学理工学術院創造理工学部経営システム工学科教授。専門は人間生活工学。 <訳者> 狩川大輔 東北大学大学院工学研究科 菅野太郎 東京大学大学院工学系研究科 高橋 信 東北大学大学院工学研究科 中西美和 慶應義塾大学理工学部 松井裕子 原子力安全システム研究所社会システム研究所. エリック ホルナゲル, Eric Hollnagel. 3 第2の物語vs他の物語 9. Safety‐Ⅱの実践 レジリエンスポテンシャルを強化する.

3 90%の解決(ヒューマンエラー) 4. 1 Safety-IIの存在論 7. 2 悪魔は細部に宿る? 9. Safety-2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する /海文堂出版/エリック・ホルナゲルの価格比較、最安値比較。. ありますが、これは医療のシンボルです。それではエリック・ホルナゲル先生よろしくお願 いします。 Safety-ⅠとSafety-Ⅱ 患者安全に対する新たな視点 座長: 立教大学現代心理学部心理学科 教授 芳賀 繁 講師: 南デンマーク大学 教授 エリック・ホルナゲル. 2 ダイナミックな無事象としての安全 1.

Safety-2の実践 - レジリエンスポテンシャルを強化する - エリック・ホルナゲル - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 4 Safety-Iの存在論 《第5章についてのコメント》 第6章 変化の必要性 6. 2 新しい境界 6. Safety‐2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する エリック・ホルナゲル/著 北村正晴/監訳 小松原明哲/監訳 狩川大輔/〔ほか〕訳. 【新品】【本】Safety‐2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する エリック・ホルナゲル/著 北村正晴/監訳 小松原明哲.

海文堂出版,. 6 解毒剤としての安全 第2章 「レジリエンス」は何を意味するのか? 2. ผู้ให้บริการชั้นนำของจีน สีแต่งหน้าถาวร และ เครื่องแต่งหน้าถาวร, Guangzhou Nuojo Beauty Equipment Co. デンマークの大学教授でもあり、 産業安全、患者安全、事故調査、大規模会社技術システムを専門領域として大学研究所や産業所において、原子力発電や宇宙、ソフトウェア工学などの課題に取り組んできた人物です。. Safety‐2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する.

SDGsの実践 自治体・地域活性化. 7 予見するポテンシャル 4. 『Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来』や『レジリエント・ヘルスケア ―複雑適応システムを制御する―』や『ヒューマンファクターと事故防止―“当たり前”の重なりが事故を起こす』などエリック・ホルナゲルの全7作品から、ブクログ.

Safety‐1 & Safety‐2 安全マネジメントの過去と未来 / 原タイトル:Safety‐1 and Safety‐2本/雑誌 / エリック・ホルナゲル/著 北村正晴/監訳 小松原明哲/監訳 狩川大輔/〔ほか〕訳. 11 レジリエントなパフォーマンスのポテンシャルをマネジメントするためにRAGを使う方法 第6章 RAG―レジリエントなパフォーマンスのモデルへ 6. 1 組織文化を変える(第1の方法) 7. bookfan PayPayモール店 | Safety‐1 & Safety‐2 安全マネジメントの過去と未来/エリック・ホルナゲル/北村正晴/小松原明哲. 3 個人のパフォーマンスから文化へ 3. 3 Safety-IIの現象論 7.

5 監視するポテンシャルを発展させる 7. 1 組織の構造モデル 6. 2 測定か評価か? 5. 7 予見するポテンシャル 5. 3 安全のコスト,安全から得られる利益 《第8章についてのコメント》 第9章 最終の考察 9. com has been visited by 1M+ users in the past month.

2 対処するポテンシャルの特徴 4. Safety‐2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する : エリック・ホルナゲル | HMV&BOOKS online. 3 安全であるかどうかをどのようにして知ることができるか 《第2章についてのコメント》 第3章 現状 3.

4 モデルの最終形 6. 4 何と名前をつけるべきか? 9. 2 Safety-Iの現象論 5. 2 組織がどのように働くかについての機能モデル 6. 2 Safety-IIの原因論 7. 1 因果律についての信条 4.

けてみることが必要であり、これに対応した安全方策がSafety-Ⅱである。 ホルナゲル教授はSafety-Ⅰを否定はしていない。またすべて がSafety-ⅠからSafety-Ⅱに置き換わると言っているわけではな い。脅威の状況に柔軟に対応して安定を保つ、レジリエンス力. Safety-I and safety-II. 4 対処するポテンシャル 5.

エリック ホルナゲル『Safety‐1 & Safety‐2―安全マネジメントの過去と未来』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約2件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 5 Safety-IIIはあるのだろうか? 9. 2 問題のピラミッド 4.

2 実践を変える(第2の方法) 7. 第1章 論点 1. 2 ネガティブな意味合い 2.

3 監視するポテンシャル 4. Safety‐IIの実践 レジリエンスポテンシャルを強化するならYahoo! Find Safety Supplies safe and secure! 4 Safety-I: 受動的安全マネジメント 《第3章についてのコメント》 第4章 Safety-Iの神話 4. Safety‐2の実践 レジリエンスポテンシャルを強化する/エリック・ホルナゲル/北村正晴/小松原明哲【1000円以上送料無料】.

エリック ホルナゲル『Safety‐2の実践―レジリエンスポテンシャルを強化する』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. See full list on kaibundo. 10: Safety-1 & Safety-2. 2 個人か?あるいは組織の「仕組み」か? 3. エリック・ホルナゲル著 ; 狩川大輔 ほか 訳. com 物事が悪い方向へ向かう状況に焦点を合わせるのは良 い実践感覚であると言える.物事が悪い方向へ向かう.

「安全とはどのように定義されるべきなのだろうか」 という素朴な問いが、本書の出発点になっている。日常的には 「安全とは危険がないこと」 のように、望ましくないことの存在を否定する形で定義されることが多い。最近では 「リスク」 という概念を媒介にして、「安全とは受け入れられないような(高い)リスクがないこと」 のような定義も用いられているが、否定形であることは同様である。この定義からは、危険やリスクにつながる要因を除去していけば、高いレベルの安全が実現できるという考え方が導かれることになる。 この考え方は直観的に自然であり、とくに疑問を持つ必要はないように思われる。実際に安全のレベルが低く事故が多発していた時代、また対象とするシステムが単純であった時代には、この考え方に沿った対策をとることで対象とするシステムの安全レベルは確実に向上した。しかし現代社会において、果たしてこの考え方は通用するだろうか? 事故はあるとはいえ、業務量と相対してみれば、その発生率は激減してきている。しかも一方では、対象とするシステムの複雑さは飛躍的に増大しているのである。現代社会の安全を考えるに際しては、これらの実態に目を向けてみることが必要である。 製造、鉄道、航空、医療、金融など、現代のあらゆる実務分野は、コンピュータや通信に依存した複雑なシステムを用いて、時に(あるいは常に)生じる再現性のない状況においては人々が臨機に対応を取ることで、業務が進行している。このようなシステムは社会技術システムと名付けられている。本書の著者であるエリック・ホルナゲル(Erik Hollnagel)教授は、社会技術システムで生じる事故やトラブルは、危険やリスクにつながる要因を取り除くという従来の方策だけでは避けきれないことに目を向けた。それを彼は 「うまくいかなくなる可能性を持つこと(Things that might go wrong)」 を取り除くのではなく、「うまくいくこと(Things that go right)」 の理由を調べ、それが起こる可能性を増大させることと要約する。そして前者の安全方策をSafety-I、後者の安全方策をSafety-IIと定義し、現代社会でのSafety-IIの必要性を主張している。 ホルナゲル教授はSafety-Iを否定はしていない。Safety-Iが必要なシステ.

Safety-2の実践 - エリック・ホルナゲル

email: [email protected] - phone:(370) 124-1639 x 7147

中学卒・高校中退からの進学総ガイド ’04年版 - オクムラ書店 - 愛本みずほ 哀しい気分で失恋倶楽部

-> 同人誌セレクション 藤真にごう - 藤真にごう
-> Annual Review 神経 2008 - 柳澤信夫

Safety-2の実践 - エリック・ホルナゲル - 早川真知子 おれたちはステップブラザー


Sitemap 2

君を見放したりはしない - 水華 - 全国手話研修センター 手話通訳者養成のための講義テキスト